ファイナルを想って。

カタール戦

アジアカップもいよいよファイナル。

うむ。

なんとなく、感慨深いな。

今回の代表に期待していたことが幾つかある。

一つは、センターバックは見つかるか?

一つは、サイドバックは増えるか?

一つは、勝ちきる力はあるか?

の、三つだった。

センターバックは、

富安という若い才能溢れる新人が見つかった。

本人が言うようにマスチェラーノを彷彿とさせるようなプレーで、日本の危機を救ってみせた。

サイドバックは、

僕は個人的には室屋成はいいと思う。フィジカルに不安はあるが、早い段階で海外へ出れば必ず変わる。何より活き活きと魅力ある。

勝ちきる力は、

これは難しい。リアクションサッカーと簡単には言えないが、相手の力を殺しながら自分たちのストロングポイントを出すサッカーなので、90分の使い道は今までよりも明確になったし、何より試合巧者とも思える表情を見せるようになった。

今日のカタール戦をどうみるか。

ボールを保持する事も、させる事も出来る。

両サイドの対応もセンターバックの対応も悪くない。

大迫がスタメン。大迫へのマークは執拗だろうけど、だとしたら南野や堂安にはフリーで受けるチャンスはあるはず。

なんだろ。

負ける要素、負けるような理由は見当たらない。

あるとすれば、

ここまで出場時間帯には失点のない遠藤の離脱。

そこには塩谷が入るはず。

重心はやや低めに開始するだろう試合。

なんだろ。

それでも一抹の不安みたいなものを感じる。

延長に入れば中二日のカタールは苦しいだろう。

それでも不安がある。

なんだろ…

個人的な、非常に個人的な見解で言えば。

もう一人、誰か、新しいスターが必要なのだ。

みんなが、喜ぶような

みんなが、ノリが良くなるような

シュミットだったかもしれないし

乾の返り咲きかもしれないし

北川の特典なのかもしれない…

とにかく、もう一人、もう一つの要素が何処かで埋まれば、日本の優勝はかたいとおもうのだ。

先発は、そりゃ

権田

酒井、富安、吉田、長友

柴崎、塩谷

原口、南野、堂安

大迫

だろう。

でも、でも、でも

優勝の決まる瞬間には

権田

酒井、富安、吉田、長友

柴崎、原口、南野、堂安

大迫、北川

だと良いなと思っている

そして

2ー0で、南野、北川がゴールを決めていれば良いなと思う。

僕は北川に肩入れし過ぎてるけど

カタールがもしも引いてカウンターを狙うなら

大迫と北川を2トップに

ダイヤモンド型のトップ下に南野

ボランチに柴崎を置いて

狭いエリアをくぐり抜けて欲しいと切望する

優勝は大事だ

そりゃ大事だ

でも

この決勝で若い選手たちのチャレンジと

森保監督のチャレンジがあってもいいし

あったならその片鱗だけでも脳裏に刻みたい

そんな気持ちでもいる

楽しみだな、今夜

新しいスターが生まれて欲しい

konishi について

1977年6月26日生 京都出身 蟹座 A型 巳年 夢は文化人になること 目標は演劇集団アクト青山を100年続く劇団にすること!
カテゴリー: 日記 パーマリンク