惜しいのは命じゃない、時間だ。

秋の気配、ですね。

久しぶりの更新なんですね。
ごめんなさい。
忙しいと言えば忙しいし、
難しいと言えば難しいし。
そんな事に手をつけながら、
毎日を過ごしているのです。
そろそろもう少し落ち着いて、
仕事も人生も歩まなくては、
いつか身体がダメになるだろう、
そんな気持ちがする、
秋の気配漂う九月を送っています。

この月末には、

『僕の東京日記』
が開演します。永井愛先生の作品です。
演出のみですが、おたのしみに。

そこからは、
怒涛のように公演があります。
いつものように(笑)

10月は
『かんしゃく玉』
岸田國士の作品にうちの竹中が演出としてついて、
僕は監修。竹中の演出デビュー作となります。

11月は
『太宰治文学サロン朗読会』
に出演させて頂いて「朝」「雪の夜の話」の二本を朗読します。
『海猫は泣いている』
がその翌週。作・演出・主演です。恥ずかしいです。

12月は
『近代能楽集』
三島由紀夫の作品から「班女」と「熊野」を。
演出だけですが、今回はより斬新にやります。

1月は、やっと休み(笑)

2月は
『椿と女囚、月の夜』
ortensia第二回公演ですね。
飯田南織と二人芝居。作・演出・出演です。

3月は
『傑作短編選』
近代古典の名作を日替わりで五本上演。
「赦せない行為」森本薫の作品。
「ぶらんこ」岸田國士の作品。
「宮城野」矢代静一の作品。
「白鳥の歌」チェーホフの作品、出演。
「バイロン卿の恋文」テネシー・ウィリアムズの作品、出演(予定)
全作、演出します。

4月は
『春の朗読会〈2〉時代の言葉と女優たちの声と』
10人の女優が近代古典文学の短編を読みます。
千穐楽には僕も出演します。

さて。
来年は、坂口安吾とか、三好十郎の準備とか(笑)
新しい作品を書いたりとか。
これまで以上に作品に関わろうかと。

新作は、
『誤射 〜京の夜を引き裂いて〜』
という、任侠モノを書いてみたいなと。

あと、珍しい事を言えば、
客演したいなぁと思っています。
多分、死ぬんでしょ、そろそろ。
死期が近づいていて、演劇にしがみついてる(笑)
まぁ、悪い事じゃないです。

それ以外にも色々とプロジェクトがあるので。
また決まったら発表しますね。
ワークショップもあります。

てなわけで。
よろしくお願いします。

konishi について

1977年6月26日生 京都出身 蟹座 A型 巳年 夢は文化人になること 目標は演劇集団アクト青山を100年続く劇団にすること!
カテゴリー: 日記 パーマリンク