WS「演技力」への道のり

  • 小西優司のWS
 
「演技力」までの道のり
 
期日
2018年8月28日(火)
10:00〜16:00(途中休憩あり)
 
お問い合わせ等
info@act-aoyama.com
場所
せんがわ劇場リハーサル室

http://www.sengawa-gekijo.jp/access.html

費用

¥2980(税込)

応募資格

15歳以上の男女

演技経験は問いません

応募人数

10名程度

持ち物

筆記用具

動きやすい格好

タイムテーブル

10:00 

自己紹介

10:30 

発声→基礎力の確認をします

11:30 

本読み→台詞による表現力を伸ばします

12:30 

休憩

13:30 

ディスカッション→問題点と改善への過程を話します

14:30 

演技実習→話し合った事を実践します

15:30 

感想、まとめ

16:00 

解散

演技力、とは何か?

説得力?

説得力は台本だけでは生み出せません。

役作りからです、その役がどこで生まれどんなふうに育ち、誰と出会い、誰を愛し、誰を憎んだか…。その理解力の蓄積が説得力です。

他者への影響力?

演劇やってる人が半ば都市伝説的に呼んでる「圧」ってやつです。ある人にはある。例えば自信とか、発語・発話の組み立てとか、ともかくも演劇的理屈から生まれて来るものです。

表現力?

表現力とは台本に書いてある事を「置き換えて、伝わりやすく」する力です。経験もアイデアも必要です。お客様にダイレクトに伝わるのはこれが一番大きいかもしれません。

お芝居をした事のない人は、これらの具体的な目標を持つのが難しいのです。

お芝居で悩んでいる経験者の方は、これらの具体的な要素がごちゃ混ぜになってる事が多いです。

そこで、台本を使って、どこに説得力を、どこに圧を、どこに表現力を、ということを一つずつ丁寧に追いかけてみたいと思います。

今まで一緒くたにしてしまっていた事が、カテゴリー毎に分かれてくれるだけでも「具体的」に考える事が出来ます。

それが、演技力の始まりです。

この夏の終わり、演技力の始まりを感じてみませんか?

講師は

演劇集団アクト青山主宰の小西優司です

{56100CA1-36E5-414B-9FDF-4BFAFF9119D1}
カテゴリー: 演劇とは | コメントする

長過ぎた最初のターン。

 

カズさんの呪縛 ヒデの諦観 ケイスケホンダの情熱

ドーハの悲劇から今朝の敗戦までで
日本のサッカーは一つのターンだと思う
ドーハの悲劇は
真のプロ意識を試された結果
ブラジルW杯は
ヒデのレベルに達してない選手たちが
多く存在した結果
今朝の敗戦は
ほぼ全員が本田を超えた結果
日本のサッカーはここからだと思う
むしろ
今は日本のサッカーはここまでだと思う
弱いとか強いとかじゃなくて
運も実力も「ここ」が正確な現在地だと思う
正直に書けば
GLでは二勝すべきだと思う
二勝が大きな意味を持つ
セネガルに負けていたら
ポーランドに勝ったかもしれないと思う
セネガルに勝っていたら
ポーランドにも勝ったかもしれないと思う
二勝は精神的なアドバンテージだと思う
南アフリカの時は二勝している
でも、本田が全てで本田止まりだった
PKは運だ
あの時、ベスト8に入っていたら
今大会に本田はいたかわからない
ともかく
長かった最初のターンは終わったと思う
恐らく全ての「最初」のスターは去った
乾ですら30歳なのだ
柴崎がヒデと本田を超えても次は30歳
そうなると次のターンは
本格的には始まらないだろう
今大会、
スペインもドイツもアルゼンチンも
ベスト8は遠かった
フランスとブラジルは強い
単純に年齢の問題もあるだろう
ターンのサイクルが早くどんどん新しい才能が
生まれてくるからだ
日本もそうならないといけない
それがベスト8に足りないものだ
連携でも戦術でも監督の差でもない
日本が四半世紀かけてやった1ターンを
ブラジルやフランスは6年ほどで完遂してる
その差が、この差だ
2022年のW杯を諦めてもいいから
1ターンをせめて10年にして欲しい
そして恐れずに「新たな才能」を代表に加えて欲しい
いまのベルギーやフランスがいい例だ
オランダやイタリアは12年ほどかかってる
ベルギーは10年を1ターンにしてる
ドイツは強くなりすぎて1ターンを延長した
ありがとうとか言ってないで
サッカー先進国になろうよ
もっと当たり前にベスト8に入って欲しい
そのためには
ターンのサイクルを早く
より攻撃的に
4-5-1か4-1-4-1を日本の伝統にして
世界と真剣勝負をして欲しい
カテゴリー: 日記 | コメントする

優勝はフランス🇫🇷

W杯2018 ロシア

そうだなぁ。
ベスト16から選びーの優勝予想まで行きましょうか。

Group A
ロシア
サウジアラビア
エジプト
ウルグアイ

何気に分かりにくいこのグループ。
開催国のロシアは16は堅いとする、と。

1位 ウルグアイ
2位 ロシア

かな。
サラーがグループリーグで消えるのは悲しいけど。
エジプトに2位通過の目はあると思えない。

Group B
ポルトガル
スペイン
モロッコ
イラン

どうかな。番狂わせがあるとしたらここ。
でも、順当にみとく。

1位 ポルトガル
2位 スペイン

かな。CR7とイニエスタに期待。

Group C
フランス
デンマーク
オーストラリア
ペルー

優勝候補のフランスがどんな闘いをするか。
2位争いは何処が抜け出るか。

1位 フランス
2位 ペルー

で。デンマークは毎度やなチームだけど。

Group D
アルゼンチン
クロアチア
ナイジェリア
アイスランド

おー。奇跡の小国アイスランドね。
どうかな。んん。

1位 クロアチア
2位 アルゼンチン

クロアチアは失点しない事が条件よね。

Group E
ブラジル
スイス
コスタリカ
セルビア

僕的にはここも番狂わせがあるかも。

1位 ブラジル
2位 セルビア

スイスの仕上がりによってはとも思うけど。
んー。

Group F
ドイツ
メキシコ
スウェーデン
韓国

さて。ドイツは間違いないけど。
2位争いは?

1位 ドイツ
2位 韓国

意外にも、ここは韓国なのでは?
スウェーデンが意外に強いと分からなくなるけど。

Group G
ベルギー
パナマ
チュニジア
イングランド

はい、ここね。チュニジア、台風の目の予感。
意外とやると思うの。

1位 イングランド
2位 チュニジア

ベルギーはなんかピンと来ない。
ベルギーはなんかピンと来ないの。

Group H
ポーランド
セネガル
コロンビア
日本

どーかなー。コロンビアの1位を堅いと見ると、
2位は混線すると思うんだよね。

1位 コロンビア
2位 セネガル

かな。日本はコロンビアに引き分ければ、
16の目があると思う。

決勝トーナメントは

A1位×B2位 ウルグアイ×スペイン
C1位×D2位 フランス×アルゼンチン
E1位×F2位 ブラジル×韓国
G1位×H2位 イングランド×セネガル

B1位×A2位 ロシア×ポルトガル
D1位×C2位 ペルー×クロアチア
F1位×E2位 ドイツ×セルビア
H1位×G2位 コロンビア×チュニジア

なので。
だとすると、ベスト8は…

スペイン
フランス
ブラジル
セネガル
ロシア
ペルー
ドイツ
コロンビア

で、対戦は。

スペイン×フランス
ブラジル×セネガル

ロシア×ペルー
ドイツ×コロンビア

ベスト4は…

フランス
ブラジル
ロシア
コロンビア

で、対戦は。

フランス×ブラジル
ロシア×コロンビア

決勝に駒を進めるのは!

フランス×コロンビア

優勝は!

フランス!
フランス🇫🇷

しかし、この組み合わせだと
フランスは常に決勝戦だな。

そんなわけで、そろそろW杯。

カテゴリー: 日記 | コメントする

これが、マリだよ。

(笑)

久しぶりです。

え?

半年くらい経ってるかな。ごめんなさい。

W杯イヤー初戦。

マリ戦ですね。

でも、タイトルは寺山修司の『白夜』で主人が猛夫に言うセリフです(笑)

 

いや、今日のスタメンとか。

難しいですね。

本当に。難しい。

個人的には、

 

 

中島       大迫       本田

森岡        大島

長谷部

長友   昌子   槇野    酒井

川島

 

 

かなと。

で、相手次第で、大島じゃなくて本田。本田じゃなくて中島、中島じゃなくて原口。森岡じゃなくて山口にチェンジ。

 

ま。

楽しみです。

 

 

カテゴリー: 日記 | コメントする

本年度も残り僅か。

久しぶりでごめんなさい。
最近では、
blogを書く時間もなかなか無くて、
というか作ることをしてなくて。
台本書いたり、無茶に演出したり(笑)
客演したり、舞台監督やったりしてました。
気づいたら11月になってて(笑)
これからの事も含めて書いておこうかなと。

〈出演〉
11月17日(金)18:00
太宰治文学サロン朗読会
「朝」「雪の夜の話」
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/dazai/event/20171117/

〈作・演出・出演〉
11月21〜26日(火〜日)
テアスタ・オーロvol.4
『海猫は泣いている』

〈演出〉
12月13〜17日(水〜日)
テアトロ・スタジョーネ(冬)
『近代能楽集』

〈ワークショップ〉
12月26〜28日(火〜木)16時〜21時
WS『演劇を味わう』
¥7000 3日間参加を原則とします。

〈作・演出・出演〉
2月20〜24日(火〜土)
ortensia第二回公演
『椿と女囚、月の夜』

〈演出・出演〉
3月21〜25日(水〜日)
テアトロ・スタジョーネ(春)
『傑作短編選』「白鳥の歌」
*出演は25日のみとなります。

詳しくは、
HP http://www.act-aoyama.com/index.html
Blog https://ameblo.jp/gekiha-tuki-act?frm_id=v.jpameblo&device_id=88745791c9f247879342154571263e45
などをご覧ください。

カテゴリー: 日記 | コメントする